3日ファスティング(断食)の効果がでる正しいやり方!

ファスティングを正しいやり方で実践すれば、ダイエット、デトックス、美肌効果などさまざまな良い効果が現れると話題になっています。

しかし、その反面正しいやり方を知らずに実践しようとしている人が後を立ちません。

なにも知識がないままにファスティングを行うと、本来の目的とは逆に健康を害したり、体重が増えたり、肌がボロボロになってしまいます。

初めて行うファスティングで成功を収めるために、この記事では「正しい3日ファスティングのやり方」を紹介します。

ファスティングとは

ファスティングとは、簡単に言えば通常の食事はせずに数日過ごすダイエット方法のことです。
単なる断食と違うところは、断食期間中に酵素ドリンクと水を飲んで過ごすという点です。
酵素ドリンクを飲むことによってキツい空腹感を感じずに、デトックス効果や美容効果などが期待できます。

3日間ファスティングのやり方の基本

それでは、3日間ファスティングの正しいやり方を紹介していきます。

3日間ファスティングに必要なもの

・酵素ドリンク
・水

必要なものはこれだけです。
たったこれだけの準備で初められるところもファスティングの魅力です。

初心者は3日間が最適なワケ

3日ファスティングと言うのはドリンクと水だけで過ごす断食期間が3日間必要なファスティングのことです。

「準備期間」→「ファスティング期間3日」→「復食期間」
3部構成となっており
実際に3日ファスティングと言っても全体を含めると1週間程度の期間が必要です。

3日間ファスティングのスケジュール

3日間ファスティングを行っているときも通常の生活を行うことは可能ですが、友人からの食事の誘い、イベントごとのある期間は避け、前もって計画し確実に実行することが成功の秘訣です。

準備期間(1~3日)

いきなり断食を始めてしまうと体がびっくりしてしまうので、断食向けて徐々に体を慣らしていく必要があります。それが準備期間です。
準備期間では、野菜を中心とした和食をメインに取っていきます。
※肉、加工食品や油もの、小麦粉製品、糖質の多いものは消化に負担がかかるので避けましょう。
ここで食べすぎてしまうとファスティングの効果が薄れるので、少しずつ食べる量を減らして、普段の6.7分目で抑えてください。
ファスティング開始の前日は20時までには夕食を終えて、胃腸をファスティングに備えましょう。

ファスティング期間(3日)

いよいよファスティング開始です。この日から3日間は固形物は口にせず、水と酵素ドリンクのみで生活します。
この3日間は朝一番で水、できればミネラルウォーターをコップ一杯分飲みましょう。
ドリンクに記載された一日の量を5〜6回程度に分けて酵素ドリンクを飲みます。水は1日に2~3L飲みます。一気に飲むのではなくこまめに飲みましょう。

復食期間(2~3日)

ここでファスティングは終わりですが、気を抜いてはいけません。
復食期間はファスティングの成否を分ける重要な期間ですので、しっかり回復食を食べて復食していきましょう。
何も食べてない状態から急にいつも通りの食事に戻してしまうと、体調が悪くなることもあるので、体に優しいものから食べていきます。

3日間ファスティングの効果

3日間ファスティングにはダイエット効果だけではなく、内臓の休息やデトックスなどの様々な効果があるので見ていきましょう。

内臓の休息

胃腸などの内臓は毎日食事をすることにより、常に働きっぱなしです。それをたまに休ませてあげることで、腸内環境の改善につながります。
ファスティングにより食べ物が体に入らなくなると体のエネルギーが消化・吸収から排泄・解毒に向かうので新陳代謝が上がり、便秘が改善されます。

デトックス+活性酸素の除去効果

ファスティングの醍醐味と言っていいほどの効果がデトックス(毒素排出)効果。1日ではデトックス効果は低く、断食2日目からデトックス効果が高まるとされています。体が内から綺麗になるので、ニキビ、吹き出物に効果があり美肌効果も期待できます。
活性酸素は鉄を錆びさせるのと同様に、人間の体を錆びつかせていきます。つまり活性酸素は老化の主な原因です。ファスティングをすると活性酸素の除去効果が期待できます。

ダイエット効果

3日間ファスティングは、たった3日と言えど普通のダイエットを1ヶ月行うのと同じくらいの効果があるので、個人差はありますが3日で3~5kgの減量も可能で、見た目でわかるほど痩せる人もいます。
デトックス効果により宿便も出るので、お腹周りもスッキリします。

3日間ファスティングの注意点・ポイント

・初心者は3日間無理はしないこと。
・水をこまめにたくさん飲む。水以外で飲んでいいものは、カフェインの含まれていないお茶(ルイボスティーなど)。
・コーヒー・紅茶、アルコール、牛乳、豆乳、飴、ガムは避けましょう。
・激しい運動はしない。ただし、散歩や軽いトレーニングなどの軽い運動ならOK

以下のような事はやめましょう。
・正しい方法で行わない(ドリンクを使用しない、準備期間・復食期間を行わないなど)

更新日:

Copyright© ファスティングガイド , 2017 AllRights Reserved.